T-ara(ティアラ)のいじめ説についてメンバーが涙ながらに言及

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

T-araの写真
ガールズグループT-ara(ティアラ)のウンジョン、ヒョミン、ジヨン、アルムから成るユニットT-ara N4(ティアラエヌフォー)のメンバーがファヨンいじめ事件について言及したことが大きな話題となっている。

6日に放送されたMnet 「ビートルズコード2」に出演したT-ara N4(ティアラエヌフォー)は、昨年T-ara(ティアラ)を脱退した元メンバーのファヨンのいじめ疑惑について自らの口で立場を明らかにした。

この問題は、昨年、T-ara(ティアラ)が過去に出演したTV番組でのメンバーのファヨンに対する態度や、SNSに投稿された意味深な文章から「ファヨンいじめ疑惑」が急浮上し、インターネットを通じてあっという間にこれが広まった。最終的にファヨンはT-ara(ティアラ)を脱退、他のメンバーに対するバッシングが殺到するなど大騒動となった。

番組では、いじめ騒動で最も多く出回った、「メンバーがファヨンを困らせていたのではないか?」とされた、映像についてメンバーは言及した。それらの映像のうちの一つである、ファヨンに無理にパンを押し込めた日本の番組でのワンシーンについて、ウンジョンは「番組を楽しくするためにやった。リアクションが面白くなるようにやったつもりだったので、事が大きくなるとは思わなかった」と説明した。ジヨンも「番組プロデューサーが視聴者を楽しませるように編集してくれたこと」と語った。

また、ウンジョンは同番組内で「どんな理由であれ公の場に立つ人間として、トラブルを発生させてしまった点は反省し申し訳なく思っている」とファンに対し涙ながらに公式に謝罪した。

写真:Mnet「ビートルズコード2」


この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »