ソン・シギョン コンサート “HARU(いちにち)” 取材レポート!

ソン・シギョンの写真4
2013年2月8日(金)Bnukamuraオーチャードホールで行なわれたソン・シギョンの「SUNG SI KYUNG 2013 CONCERT “HARU(いちにち)” in JAPAN」の様子をレポートします。

バラードの貴公子ソン・シギョンのコンサートが2月8、9日東京・Bnukamuraオーチャードホール、10日には大阪松下IMPホールで開催された。初日となった8日のBnukamuraオーチャードホールでは『忘れさられることについて』で幕を開けると、「1年の中である季節におかしくなる…別れた秋の時から…」という本人出演の映像と自ら日本語のナレーションで進行され、『風、君』を歌うと、忘れられない季節という秋を背景にストーリーが繰り広げられた。『When October goes』、『ならいいのに』では会場から自然と手拍子とサビの掛け合いが起き、続いて『はじめて』、『どうしても…』では、彼女が韓国に飛行機でやってくるというストーリーの中で複雑な男心をナレーションで語った。また、日本でなじみの深い中島みゆきの『時代』を自然な日本語で歌い、さらに大ヒット曲『みちで』を伸びのある歌声で披露し会場は大喝采となった。
ソン・シギョンの写真

ここまでは映像を中心続けて8曲を披露したが、後半はいつもの絶妙なトークで会場を盛り上げ進行された。「今日はいつものコンサートとは違ってひとことも話さないで歌いました。男心が届くようにラジオドラマのように構成しました。今日がこの内容での初日になるのですが、もし反応がなかったら内容を変えないといけないですね。私の日本語のセリフも伝わりにくかったかもしれませんが聞いてくださってありがとうございます。ここからは皆さんとお話をしながら気楽に進めていきたいと思います。静かな曲ばかりだったので私の歌の中ではちょっとだけ早い曲を歌いたいと思います。」と彼の中でのアップテンポな曲『女神様』、『さよなら僕の愛』で会場も総立ちになり熱気に包まれた。
ソン・シギョンの写真2

ここで通訳を兼ねるユ氏が登場すると会場からは歓声が起き、いきなりユ氏の恋愛話を聞き出すシギョンは「1人で立っていると不安で仕方ないので2人で1セットのお笑いコンビのようですね。」と、笑いの絶えないトークが次々繰り広げられた。




『2013年、私に起こって欲しいこと』を事前にファンから募集し公開。1人目は「病気の母が退院したら飛行機に乗せてあげて海外に行きたい。いつ私の『두사람』(二人)が流れるのでしょうか?」という内容に会場に来ていたそのファンは、「退院したが旅行に行くにはお金の準備が必要です。」と答えると「どうする?」とユ氏を顔を合わせ笑いを誘い、2人目は「声が高くなりたい、どうして女性には声変りがないのか?」には「声変りしたらもっと低くなりますよ」と言って会場に来ていたそのファンのところまで客席に降りて直接マイクを向け声を聞き「何の問題もないですよ!」とコメント。3人目は『少林寺拳法で入賞したい』というファン、「ぜひここでその姿を見せて欲しい」と頼んでみたが、やはりここでは難しいとのことで少し残念がりながらもエールを送った。
ソン・シギョンの写真3

「今日はいつもと違う編曲でお届けしていますが気に入ってくれましたか?いつもは静かに聞いてくれるのですが途中で立って踊ってくださって驚きました。(会場笑)ありがとうございます、とても力になります。昨日新橋で食べたお寿司の力で頑張ります。繁華街を歩いていたら、一緒にいたスタッフに『そこはデンジャラスな店だから近付かないように』と言われたのですが、キラキラしていて綺麗で何がデンジャラスなのか凄く気になりました。今日がコンサートなので昨日はちょっとしか飲みませんでしたが、“ちょっと”は人それぞれですね。(会場笑)」という話で会場を沸かせ、大好きなフォーク曲という『さびしさがあなたを呼ぶ時』、歌詞が分かればとてもいい曲という『香ばしい香り』を哀愁のある歌声で披露した。
ソン・シギョンの写真5

また、仲がいいというPSYさんの話では、「PSYさんのコンサートはずっとジャンプしないといけないんです。電話でマドンナと歌ったと自慢していました。正直言うと僕も少しだけ英語も出来るし、見た目もそんなに悪くないので、いいことが起きるんじゃないかと期待しているのですが…は~(会場からの声援に)大丈夫です。今もすごく幸せです。でもPSYさん、カッコ良くないのになぜ…? (会場笑)」また、「実は体調が良くなかったのですが、昨日は久しぶりに良く寝たんです。危ないところに行かなかったから?(笑)韓国は―17℃と凄く寒いので日本は天気も良くて暖かいし、皆さんに会えて嬉しいです。」とバラード曲『もっときれいになる』を披露。
ソン・シギョンの写真6

ここで映像が流れ“2013年自分に起こったらいいなと思う事を考えてみた”というナレーションで“ダイエット”“禁酒ではなく節酒”“恋愛”そして“飲料水のCF”などを挙げ笑いを誘うとスティービーワンダーの『My Cherie Amore』を透き通る声で歌い、次にテンポの早い曲である平井堅の『POP STAR』をスラスラと流暢な日本語で歌いこなし会場を盛り上げた。『微笑天使』では掛け合いやジャンプをして会場一体となったステージを展開し、「お祝いの曲として、今年は絶対恋愛をしたいと思っている人達の為に歌いたい。」と『二人』しっとりと披露。
また、アンコールでは「今日は皆さんと仲良くなったような気がします。今日の皆さんは凄く情熱的です(会場拍手)。体調が一番いいとは言えないのですが、一曲一曲凄く頑張って皆さんに届くように歌いました。皆さんに届いていたら嬉しいです。今日はリハーサルもあったので、公演を2回やるのと同じくらいでちょっと疲れて大丈夫かなと思いましたが、皆さんのおかげで乗り切れました。韓国では35歳、日本では33歳です。最後の曲は13年前の22歳の時に歌った曲です。」とデビュー曲である『僕に来る道』を優しい歌声で披露すると興奮冷めやらぬ会場からは拍手喝采が起き、そっと投げキッスをしてステージをあとにした。
ソン・シギョンの写真7

『SUNG SI KYUNG 2013 CONCERT “HARU(いちにち)” in JAPAN』
@Bnukamuraオーチャードホール

<セットリスト>
#1 忘れさられることについて
#2 風、君
#3 When October goes
#4 ならいいのに
#5 はじめて
#6 どうしても…
#7 時代(中島みゆき)
#8 みちで~on the road~
#9 あぁ僕の女神様
#10 さよなら僕の愛
#11 さびしさがあなたを呼ぶ時
#12 香ばしい香り
#13 もっときれいになる
#14 My Cherie Amore(Stevie Wonder)
#15 POP STAR(平井堅)
#16 微笑天使
#17 二人
(アンコール)
#18 僕に来る道

ソン・シギョンの写真8

■取材後記
癒される歌声と楽しいトークが魅力のシギョンさんのコンサート、今回いつもとちょっと違った内容で行かれた方もとても楽しまれたではないかと思います。体調が万全でないとのことでしたが日本語の歌も完璧に歌いこなしていてお見事でした。また次回のコンサートも楽しみにしています!

取材日:2013年2月8日(金)

▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »