パク・チニョンのプロフィール|歌手でプロデューサーのJYPパク・チニョンのプロフィールと作品情報

パク・チニョン
音楽プロダクションJYPエンターテイメント創設者でシンガーソングライター、音楽プロデューサーとして活躍のパク・チニョン。1994年「ブルーシティ」でデビューしたパク・チニョンはデビュー曲「ナル・トナジマ」で光るダンスもあってヒットを飾る。当時、イケ面とはいえないようなルックスながらも素晴らしいダンスの才能を見せ、また学歴は韓国の名門校のひとつ延世大学とあって大きな注目を集めた。(※番組で「なぜ整形をしなかったのか」と聞かれたパク・チニョンは「可能性がないところには投資をしいない」と答え爆笑を誘ったことがある)2集アルバムでは作詞・作曲などプロデュースも手がけ大人気となる。

96年にはJ.Y.Park名義で海外進出を視野にいれ英語のアルバムを発表、これは日本盤もリリースされ、当時から海外戦略を心に抱いていたようだ。
続けて96年に3集、97年に4集、98年に5集とアルバムを毎年リリースしながらプロデューサーとしての仕事にも力を傾けていく。
韓国で大人気を誇ったgodの生みの親であり、またピ(RAIN)やWonder Girlsなどをスターダムに導きさらに注目を集めてゆく。
2007年にプロデューサー業のかたわら約6年ぶりに歌手活動を再開した。

2010年4月には1999年に結婚した妻と離婚を巡りトラブルとなっていることが複数回に渡って報じられ注目を集めた。
また2011年にはドラマ「ドリームハイ」、2012年には映画「500万ドルの男」に出演し、俳優としても活躍するなど、マルチに活躍している。
2013年10月10日に9歳年下の一般女性と結婚することが発表された。

ハングル表記:박진영(パク・チニョン)
英語表記:Park Jin Young
生年月日:1972年1月13日
身長:185cm
体重:78kg
血液型:AB型
学歴:延世大学校 地質学科

■シングル
2009年「Sad Freedom」
2012年「Spring」
2012年「Movie star」

■アルバム
1994年「Blue City」
1995年「タンタラ」
1996年「It’s the Time」
1997年「サマー・ジングル・ベル」
1998年「10年が過ぎても」
1998年「Kiss Me」
2001年「Game」
2007年「Back to Stage」

■書籍
1999年「ごめん」

■ドラマ
2011年 KBS「ドリームハイ」
2012年 KBS「ドリームハイ2」

■映画
2012年「500万ドルの男」

■プロデュース歌手
god
JOO
2AM
2PM
Noel
ピ (Rain)
Wonder Girlsなど

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »