リュ・スンボムのプロフィール|韓国俳優プロフィールと出演作情報

リュ・スンボム
両親を早くに事故で失いながらも兄と力を合わせて努力を続け、今や映画界でその実力を幅広く認められている演技派俳優。
実の兄であり映画監督であるリュ・スンワンが自ら主演を兼ねて撮った映画「ダイ・バッド~死ぬか、もしくは悪(ワル)になるか~」でそのまま弟役に大抜擢されデビューを飾ったリュ・スンボムは、2001年に第38回大鐘賞映画祭で新人男優賞を手にした。
その後も兄・スンワンの作品に出演を続け、脇役ながらも強烈なインパクトを残し多くの人気を集めた。
映画の出演が続く中、学生時代から続けていたDJやダンスの才能も活かすべく、数々のミュージックビデオにも出演、Double Kの1集にも参加している。
女優コン・ヒョジンとの交際を公にし、2008年にはコン・ヒョジンがリュ・スンボムと一緒に映画に出演したいとインタビューで答えるなど仲の良さを見せ、韓国芸能界の人気カップルとして注目を浴びていたが、2012年8月、同年4月に二人が破局したことを公式に伝えファンに惜しまれた。

ハングル表記:류승범(リュ・スンボム)
英語表記:Ryu Seung Bom
生年月日:1980年8月9日
身長:177cm
体重:69kg
血液型:B型
学歴:ソウル美術大学 放送芸能科

■ドラマ
2001年 SBS「華麗なる時代」
2002年 KBS「孤独」
2004年 SBS「サンシャイン・オブ・ラブ」

■映画
2000年「ダイ・バッド~死ぬか、もしくは悪(ワル)になるか~」
2000年「タジマワ Lee」
2001年「ガン&トークス」
2001年「ワイキキ・ブラザーズ」
2002年「血も涙もなく」
2002年「復讐者に憐れみを」
2002年「ムッチマ・ファミリー」
2002年「品行ゼロ」
2004年「ARAHAN/アラハン」
2005年「ファイティング・フィスト(原題:拳が泣く)」
2005年「野獣と美女」
2006年「家族の誕生」
2006年「死生決断」
2007年「ラジオデイズ」
2010年「房子伝」
2010年「容赦はしない」
2010年「フェスティバル」
2012年「人類滅亡報告書」
2012年「死体が帰ってきた」
2012年「容疑者X」

■受賞歴
2001年 第38回大鐘賞 新人男優賞(ダイ・バッド 死ぬか もしくは悪(ワル)になるか)
2007年 第43回百想芸術大賞 最優秀男優演技賞
2007年 第30回黄金撮影賞 最優秀主演男優賞(死生決断)

リュ・スンボム来日記者会見(2006年3月9日(木)ウェスティンホテル東京)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »