BIGBANGのプロフィール|韓国アイドルプロフィールと作品情報

BIGBANG
2006年結成。デビュー前は6人で練習していたがオーディションを通じて5人が選ばれ”BIGBANG”となった。これまでの韓国アイドルグループに共通してきた既存のスタイルを変えるというコンセプトで結成されたBigBangはデビューにあたり公開されたドキュメンタリービデオがインターネット上で爆発的な人気を呼び 瞬く間に多くのファンを獲得した。 BigBang は歌、ラップ、ダンスだけでなく、作詞・作曲・編曲までもメンバー自身が行う。2007年8月16日にリリースされたミニアルバム「Always」からリーダーG-DRAGONが作曲、作詞した「Lies」が大ヒット、韓国の各種音源チャートにて1位を獲得し一気に人気グループへ。2008年には、日本でもアルバム「Number 1」で正式にデビューを行っており、これまでに日本国内で二枚のゴールドディスクを獲得している。近年は、アメリカ合衆国や欧米諸国での人気も上昇しており、2011年発表のミニアルバム「Mini 4」が、アメリカビルボード誌の主催する全米Top Heatseekers(これまでに一度も大きなヒットを飛ばした事のないアーティストを中心に集計される音楽チャート)にて、初登場7位を記録した。俳優、タレントとしてのソロ活動にも力を入れており、音楽以外にもメンバーたちの個性的なファッションが人気を呼んでいる。

順風漫歩に見えるグループ活動だが、紆余曲折もあった。2011年4月にグループの再契約で注目を集めるも、2011年5月末にデソンが人身事故を起こし芸能活動を自粛、2011年10月にはG-DRAGONの大麻疑惑が報道されるなど、グループ最大の危機を迎えた。これらを経て、メンバーらは番組で当時を回想し、「あの事件がなかったら僕たちは解散してたかも・・」と、事件がきっかけでますますグループの結束が強まったことを語っている。

G-DRAGON
本名:권지용(クォン・ジヨン)
生年月日:1988年8月18日
家族構成:両親、1男1女の末っ子
身長:177cm
体重:64kg
血液型:A型
学歴:国楽芸術中学校
趣味:絵を描くこと、音楽を聴くこと
特技:ラップ、ダンス、ビートボックス、作詞、歌、英語、中国語
好きな食べ物:ステーキ、焼き飯、丼

SOL/テヤン
本名:동영배(トン・ヨンベ)
生年月日:1988年5月18日
家族構成:両親、2男の末っ子
身長:174cm
体重:62kg
血液型:AB型
趣味:バスケットボール、音楽鑑賞、TVを見ること
特技:ラップ、ダンス、ビートボックス、歌、英語、日本語
座右の銘:いつも謙遜し一生懸命生きる人になろう

V.I/スンリ
本名:이승현(イ・スンヒョン)
生年月日:1990年12月12日
身長:174cm
体重:62kg
特技:歌、ダンス、英語

D-LITE/テソン
本名:강대성(カン・テソン)
生年月日:1989年4月26日
身長:176cm
体重:63kg
学歴:京仁高等学校
特技:歌

TOP
本名:최승현(チェ・スンヒョン)
生年月日:1987年11月4日
身長:181cm
体重:65kg
血液型:B型
学歴:ソウル総合芸術専門学校 ミュージカル
特技:ラップ、ビートボックス、作詞、英語

■シングル
2006年「Bigbang」
2006年「BigBang Is V.I.P」
2006年「Bigbang 03」

(日本)
2009年「MY HEAVEN」
2009年「ガラガラGO!!」
2009年「声をきかせて」
2010年「Tell Me Goodbye」
2010年「BEAUTIFUL HANGOVER」

■デジタルシングル
2008年「Look At Me, Gwisun」
2008年「Look At Only Me Part.2 」(G-DRAGON ソロ)
2008年「FILA Limited Edition With Bigbang」
2009年「Big Hit !」(テソン ソロ)
2009年「LOLLIPOP -with 2NE1」
2009年「Where U At」(テヤン ソロ)
2009年「Wedding Dress」(テヤン ソロ)
2010年「Cotton Candy」(テソン ソロ)
2010年「LOLLIPOP Pt.2」
2010年「The Shouts of Reds part2 -Feat.kim YuNa」
2010年「Turn It Up」(T.O.P ソロ)
2012年「That XX」(G-DRAGON ソロ)

■ミニアルバム
2007年「Always」
2007年「Hot Issue」
2008年「Hot」(テヤン ソロ)
2008年「Stand Up」
2011年「V.V.I.P」(スンリ ソロ)
2011年「Mini 4」
2012年「Alive」
2012年「One Of A Kind」(G-DRAGON ソロ)

■スペシャルエディション
2011年「Special Edition」
2012年「Special Edition : Still Alive

■正規アルバム
2006年「BIGBANG Vol.1」
2008年「Remember」
2009年「Heartbreaker」(G-DRAGON ソロ)
2010年「Solar」(テヤン ソロ)
2010年「Solar (International Release Album)」(テヤン ソロ)
2010年「THE FIRST ALBM」(GD & TOP)
(日本)
2008年「Number1」
2009年「BIGBANG」
2009年「ASIA BEST 2006~2009」
2011年「BIGBANG2」
2011年「THE BEST OF BIGBANG」

■ライブCD
2007年「1st Concert Live Album – The Real」
2008年「2nd Concert Live Album – The Great」
2009年「3rd concert Live Album – Big Show」
2010年「1st Live Album : Shine A Light」(G-DRAGON ソロ)
2010年「4th concert Live Album – 2010 Big Show」
2011年「5th concert Live Album – 2011 Big Show」

(日本)
2011年「Love & Hope Tour 2011」

■DVD
「1st Live Concert DVD – The Real」
「2nd Live Concert DVD – The Great」
「2008 Global Warning Tour & TAEYANG Concert DVD」
「2009 Big Show」
「G-Dragon Concert Live DVD ‘Shine a Light’」
「2010 Big Show」
「TAEYANG [SOLAR] LIVE CONCERT DVD」
「2011 Big Show」
「BIGBANG 1st PHOTOGRAPH COLLECTION [Extraordinary 20’s]」
「BIGBANG’S ALIVE 2012 MAKING COLLECTION」

(日本)
2009年「BIGBANG LIVE CONCERT“BIGSHOW”」
2009年「BIGBANG THE CLIPS vol.1」
2010年「BIGBANG STAND UP TOUR ’08」
2010年「BIGBANG ELECTRIC LOVE TOUR 2010」
2011年「BIGBANG Love & Hope Tour 2011」

■OST
2009年 MBCドラマ「チング」挿入歌「チング」 (T.O.P & テヤン)
2009年 SBSドラマ「アイリス」挿入歌:「ハレルヤ」 (G-DRAGON , T.O.P , テヤン)

■ゲーム
2010年「ONLINE GAME サドンアタック “BIGBANG CHARACTER”」

■書籍
2009年「実録:世界で君を叫べ!
2010年「ELECTRIC LOVE TOUR 2010」(写真集)

■CM
「SKOOLOOKS」
「CAFFE LATTE」
「HITE」
「EVERSENCE」
「FILA」
「BASKIN ROBBINS」
「NII AND」
「LG CYON」
「LG Lollipop」
「LG SMURF」
「LG OPTIMUS ONE」
「BEANPOLE」
「LG OPTIMUS BIG」
「LOTTE DUTY FREE」
「G-MARKET」
「CJ GROUP」
「SOUL BY LOUDACRIS」
「NIKON」
「SUNNY 10 SPARKLINGADE」
「NORTH FACE」
「FUBU」

■受賞経歴
2006年 第15回ソウル歌謡大賞/ 優秀新人グループ賞

2007年 第22回ゴールデンディスク賞 / ディスク部門本賞
第8回大韓民賞 / フォトェニック賞
2007年Mnet KM Music Festival / 今年の歌賞/ 男グループ賞/ 編曲賞 (G-DRAGON)

2008年 第5回韓国大衆音楽賞 / ダンス&エレクトロニック部門ネチズンが選んだ今年の音楽人賞
第17回ソウル歌謡大賞 / デジタル音源賞/ 本賞/ 大賞
第2回Mnet 20’s Choice / HOTトレンドミュージシャン賞
第35回韓国放送大賞 / 歌手部門 新人賞
2008スタイルアイコンアワーズ / 男歌手部門
2008年Mnet KM Music Festival / 男グループ賞/ デジタル音源賞/ 今年の歌手賞/ ミュージックポータルMnet賞
第9回大韓民国国会大賞 / 大衆音楽賞
2008 A-AWARD 今年最高の男性8人 / スタイル部門 (G-Dragon)

2009年 第18回ソウル歌謡大賞 / モバイル人気賞/ High1ミュージック賞/ 最高アルバム賞/ 本賞
2009年Mnet Asian Music Awards / 今年のアルバム賞 (G-DRAGON)
2009 Melon Music Awards / 今年のアルバム賞、TOP10 (g-dragon)
ベストヒット歌謡祭2009 / ゴールドアーティスト賞
第42回日本有線大賞 / 最優秀新人賞
第51回日本レコード大賞 / 最優秀新人賞

2010年 SPACE SHOWER Music Video Awards / BEST CHOREOGRAPHY VIDEO(振り付け、ダンス部門最優秀作品)
第24回日本ゴールドディスク大賞 / ザ・ベスト5ニュー・アーティスト部門
MTV WORLD STAGE VMAJ 2010 / 最優秀新人アーティストビデオ賞
MTV WORLD STAGE VMAJ 2010 / 最優秀ポップビデオ賞
MTV WORLD STAGE VMAJ 2010 / 最優秀コラボレーションビデオ賞 (w-inds.×G-DRAGON)
国連承認 NGO機関 国連の友「Global Unity Award」受賞
第52回日本レコード大賞 / 最優秀作品賞
2010年Mnet Asian Music Awards / 男歌手賞(テヤン)

2011年 MTV EUROPE MUSIC AWARDS 2011 / ワールドワイド・アクト賞
2011 Mnet Asian Music Awards / 今年最優秀MV賞 (love song)
2011 Melon Music Awards / 今年TOP10、今年最優秀Music Style Rap/HipHop賞 (GD&TOP)




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »